運動をしっかりしてダイエット!

痩身エステ:ダイエットに効く運動とは

ダイエットを確実に成功させるためには、食事と運動を効果的に組み合わせることが重要です。 どちらか一方で痩せようとしても上手くいかず、バランスの悪い体になってしまう可能性が高いからです。

でも大概の人は、食事と運動の両方に気を配るのは大変と考えがちです。 それは、効率の良い運動法や食事法を知らないからではないでしょうか。
にきびのための、正しいスキンケア

ダイエットに有効な運動は、有酸素運動だといわれています。 なぜなら、体を動かすためにより多くの酸素を必要とする有酸素運動が、脂肪の燃焼に役立つからです。 脂肪をできるだけたくさん燃やすには、酸素をたっぷり体内に取り入れる必要があるのです。

有酸素運動の代表格といえば、ウォーキングやジョギング、水泳などが挙げられます。 中高年にも人気の自転車なども、有酸素運動に入れてよいでしょう。

これとは逆に無酸素運動となるのが、筋トレや短距離走などの瞬発的に力を使う運動です。 ジョギングなどを激しく行うと心拍数が上がるため、酸素が不足して無酸素運動になってしまうことがあります。

ダイエットに適した運動は適度に息が弾む程度とわかったところで、脂肪を燃焼させるのに必要な時間を考えてみましょう。 これまで何度もダイエットに挑戦してきた人には、運動を始めてから20分以上経たないと脂肪が燃え始めないという固定観念があるのではないでしょうか。

ところが最近の研究では、20分続けて運動するのも5分刻みに運動するのも同じ効果を得られるとされてきています。 20分以上も続けて運動するのは気が進まないという人でも、5分の運動を一日のうちで数回なら取り組みやすいですよね。

では、運動に適した時間帯はいつなのでしょうか。 お腹が空いているときに体を動かすと、脂肪が燃えやすいと考える人はたくさんいます。 しかしこれは体にとっては負担で、人によっては血糖値が下がって体調をくずしてしまうこともあります。

軽く食事をとって少し休憩をとった頃が、体を動かしやすく、しかも脂肪の燃焼を促してくれます。 起き抜けや食事の直後、暑いときの運動はなるべく避けて、気持ちよく体を動かしながらダイエットしたいものですね。